1万円で販売中の有料noteを無料プレゼント中>

【研究者になろう】好きな映画を語るように、好きなセールスレターを語る

どうも、あっきーです^^

前回の記事に引き続き今回も
先日開催したコーチングセミナーからの
おもしろい感想の紹介です!

「分析・研究」

してますか??ってお話です。

これ、超重要なお話。

日常から習慣にすることで
ビジネススキルの成長度合いが
格段にアップするのと同時に

超強いブランディングにも
なります。

詳しくお話しますね!

好きな映画を語るかのように語る

こんな感想をいただきました!

サイトアフィリエイト&情報発信 Dさん

Dさん、いつも良い感想をいただき
ありがとうございます!

僕と地雷屋さんが

○○さんのどのレターが好きなのかを
お気に入りの映画を話す感覚で話してた

の部分ですが、
これ何かっていいうと、

セールスレターの話になったときに、

あっきー「○○さんのレターだと、○○っていう教材のレターが最高なんですよねー!」

地雷屋「あれいいよね。おれは○○が好きだなー」

あっきー「ああ!あれもめちゃ良いです。隅から隅まで分析したなー」

みたいな会話をしてたんですよね。

それが、まるで自分の好きな映画を語りあう
かのように話してたみたいです。笑

 

実は、僕や地雷屋さんは、

自分のだけでなく

他人のレターや記事の分析、研究を
めちゃくちゃやってるんですよね。

これはもう習慣になってて

スマホを観てて気になった発信や
記事、レター、広告などは
条件反射のように分析するし

これは参考になる!
と思ったものはスクショを撮ったり、
URLをメモって保管したりします。

(さらに気になったら分析のために
実際に購入して中身を見てみたりもします)

 

だから、普段から上記みたいな会話を
よくしてるんですよね。

それが新鮮に見えたようですね。

分析・研究の“脳トレ”をしよう!

この「分析」「研究」の量
みんな足りてないなー
と思う部分なのですよ…。

せっかく手に入れた知識は
使わないと身につかないので

学んだら、他人の事例を見て
あーだこーだ考えて分析してみる。

これが大事です。

 

たとえば、

ライティングのテクニックを学んだら
他人の記事を見て、
それがどの部分で使われてるのか?
を研究してみる。

なんで、この言い回しを使ってるのかな?
なんで、この例を引用してるのかな?
タイトルとサムネ画像の意図はなに?

といった感じで、細かく分析します。

 

そうすることで、

どんなターゲットに
どういった感情にさせたくて
作られたコンテンツか?

が見えてきます。

 

そうすると、

ここで欲望を刺激するのは上手いな!

とか、

なるほど、こうやって興味を与えて
訴求する方法があるのかー!

という感じで、色々と
狙いが見えてくるようになり

そのテクニックを自分でも
使えるようになってきます。

良い部分はどんどん吸収して
自分のものにしちゃいましょう。

 

それから、良い事例だけじゃなく、
下手な事例からも分析すること。

これもかなり大事。

 

あちゃー、これ正直、下手だなー、、、

と思うコンテンツも、
見るのをやめちゃうのはもったいない。

実は、良い研究対象になります。

 

(僕も、以前は微妙だなと思うコンテンツはスルーしてたんですが「そういうのこそ分析したほうが力つきますよ」と、師匠に言われて気づきました)

 

「これ、冒頭の興味性が薄すぎるから
こういうふうに変えたらもっと売れるな」

とか、

「この訴求はターゲットに響かないな〜
この商品ならこういう切り口にしたら
反応率上がるだろうな」

という感じで、

勝手に改善点を考えたり、
脳みそををこねこねする習慣を作る。

イメージトレーニングというか、
“脳トレ”みたいな感じですね。

 

これをやってると、
やがて瞬時に改善点が
浮かぶようになります。

スマホ一つでいつでもできるので、
ぜひ日常から脳トレ感覚で
やってみてください!

“オタク”ブランディングは最強!

あと、これ本当におすすめなんですが

その分野の専門家として、
分析・研究をし続ける姿を
情報発信で見せていくこと。

これやると、

めちゃくちゃ強い
ブランディングになります。

 

ビジネスならマーケティングの研究

恋愛コンサルなら恋愛心理の研究

筋トレなら筋トレ理論の研究

とか、

「え?ここまでやってるの?

「○○オタクやん…」

と思ってもらえるくらい、
情報発信でその姿勢を見せていきます。

そうすると、

その分野の専門家として
広く認知されるようになって

強烈にファンになってもらえる
ようになります。

 

これを、

“オタク”ブランディング

と呼んでます。(僕のオリジナル)

 

前半のほうで、Dさんが、

「好きな映画を語り合うかのように
セールスレターの話をしてましたね」

って驚いてましたが、

僕や地雷屋さんは、根っから
ビジネスやマーケティングが
大好きなんですよ。笑

だから、自然とオタクになってしまう。

 

僕もこういうネタは
けっこう意識的に出すようにしていて

たとえば、
マーケティングオタクのネタとしては
この記事がけっこう人気です。

ディズニーとUSJに学ぶ2つのビジネスモデルの違いとネットビジネスの転用案

(良い視点が得られるのでぜひ観てみてください)

上記の記事とか、

「ここまで分析したりするんですね!」

と驚いてもらえたりします。

 

やべー、この人オタクじゃん!

と思われたら強いですよ。笑

オタクは研究者にとって
最上位の褒め言葉です。

 

そうそう、オタクといえばこの人も。

今回セミナーに参加してくれたTさんから
こんな資料を見せてもらいました。

70ページにも及ぶ分析資料を見せてくれたTさん

僕と地雷屋さんの共同企画の
ライティング講座「熱狂の文章術」の
セールスレターを

すべて紙に印刷して、
細かく分析したとのこと。

なんと70ページにも及びます。

いやー、すばらしい行動力!

 

Tさんは恋愛コンサルタントとして
活動してるんですが、

モテなくて苦しんでる人の力になるために
ライティングやコーチングを
ここまで研究してるってヤバいですよね。

だいぶオタクですよね。笑

やっぱり、

こーゆー人に教わりたいなー
って思いますよ。

 

だから、ぜひあなたも、

その分野での「オタク」と
呼ばれることを目指して
分析・研究をしてみてください。

そして、

オタクブランディングを意識して
情報発信をしていきましょう!

 

軽くまとめると、

  • ほとんどの人は「分析」「研究」の量が足りてない
  • 日頃からいろんなコンテンツを観て分析・研究の脳トレをしよう!
  • そしてその姿勢を情報発信で見せて“オタク”ブランディングをしよう!

 

ということでした。

ぜひやってみてくださいねー^^

 

あと、もし分析した結果が
これで合ってるかなー?

と不安になったら、
僕にLINEで連絡ください。

いただいた内容は
すべてに目を通していて
ご質問には返信もさせてもらっています。

 

感想や質問もまたお待ちしていますー。

 

ではではー。

ゼロスタートからのコンテンツビジネス自動化講座やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

あっきー(保坂あきひろ)
あっきー(保坂あきひろ)
フリーランス起業家。法人経営8年目。「パソコン1つで自由に生きる」をモットーにWEBマーケティング事業を行い、社員を雇わずたった1人で年間5000万以上の利益を稼ぎ続ける。

→ボクの衝撃(笑撃!?)の人生をマンガ化してみました…

《コンテンツビジネス×自動化》を得意とし、現在は主にSNS×LINEを使った集客・マネタイズ・ファン作りのコツについて発信しています。

実績としては、ほったらかしの自動集客で月間300〜600万の利益を2年以上継続で生み出したり、メール1通で1撃1000万売り上げたことも。日本全国50店舗以上の飲食店の集客コンサル企画にて、売上前年度比150〜200%以上のお店を多数続出させた経験あり。コンサル生はビジネス開始半年以内に月収80〜200万達成者多数。