1万円で販売中の有料noteを無料プレゼント中>

沖縄に10日間滞在して学んだ希少体験の大切さと人脈づくりの必殺技

どうも、あっきーです^^

先日、経営者仲間たち8人と沖縄(宮古島&石垣島)に10日ほど旅行に行ってきました。

 

せっかくなので、毎日ホテルを変えながら、人気のリゾートホテルやヴィラ、一泊20万するハイエンドのラグジュアリーホテルまで、いろいろ消費者体験をしたり。

 

本場の漁師さんと一緒に素潜り漁に同行したり、現地で人脈を開拓したり、たまたま宮古島に来ていたリタイア中の富裕層の人と一緒にクルージングしたり。

 

かなーり濃い体験の連続でした。

 

今回は、そんな中で学びになったことや、僕たち経営者が何を考えてお金を経験に変えているのか?

 

などをシェアしていきたいと思います!

経営者仲間と沖縄10日間行ってきた

今回のメンバーは全員経営者だったということもあり、せっかくなのでお金を惜しまず、体験価値を増やしまくろう!

ということで…

あえていろいろなホテルに泊まって、サービスの違いや、評判の実態などを調査してきました。

 

毎日移動になるのでめんどくさいんですけど、その方が経験値になるので。

宮古島とか石垣島とかの有名ラグジュアリー系ホテルを制覇しておけば、色んな所でかなり語れますからね。

僕たちは、遊びであっても、そういう考えでお金を使ってます。

 

あと、ハイエンドのサービスや料理なども、意識的に体験しに行ってます。

こういうところから話しのネタになったり、ビジネスのアイデアに繋がったりもすることも多いので。

 

というわけで、今回行ったところの一部を、インスタの写真とともに軽くご紹介します。
(右にスワイプするとさらに観れます。)

 

インスタグラムも良かったらフォローよろしくです!

インスタでは主にプライベートをたまに投稿してます。

 

1泊20万したイラフ sui ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古。

ほんと個人的な感想なんですが…

うーん、20万の価値はあるんだろうか?というのが正直な感想でした。

たしかに映えるし、部屋もすごく広くてゴージャスだったんですが、施設の充実度やサービスは、まあ普通かなぁと。

この値段なら、星のやの方が断然良いかなと思いました。

(ちなみに星のや沖縄は部屋もゴージャスだし、24時間入れる温水プールやお茶が飲める道場があったり施設も充実してて、しかもご飯もかなりレベルが高くて良きでした)

まあ、ここはリッツカールトンなどと同じくマリオット系列なので、貯まりまくったポイントを消化するためにわざわざ来てる経営者なども多いのかなーと推察。

 

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ

ここはヴィラなので(一軒家みたいな感じ)家族連れにもいいですね。

ちょっとヴィラが広すぎて個人的には使いにくい印象も。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ここは比較的リーズナブルな割には良きでした!

バーベキュー場があったり、目の前がプライベートビーチになってたり、施設も充実してて◎

家族連れにも向いてますね。

 

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート

ここは非常に良きでした!!

リピート確定ですね。

ホテルも超豪華だし、施設も充実。

電源付きのカフェもあるし、レストランも豊富で、プールも映えてるし、ビーチも繋がってるし。

石垣島ならフサキビーチリゾートという所もおすすめなんですが、こちらも同じくらい◎

しかもこのグレードにしては価格もリーズナブル。おすすめです。

 

 

あと、宮古島は星もめちゃくちゃキレイなので(肉眼で天の川が見える!)

星空写真家の人にお願いして、かっちょいい写真も撮ってもらいました。

 

宮古島の星はめちゃくちゃキレイで。

流れ星とかも5分に1回くらいは見つけられし、天の川も肉眼で見えて、都会とはレベチでした。

完全にナメてました。まさか星で感動するとは思いませんでしたね〜。

 

サンセットクルージングも行きました。

突如、仲間うちで企画された会だったんですが、経営者仲間だとこういうことがノーグダでできるからいいですよね。

セミリタイア中の富裕層の方をお誘いして、たくさんシークレットなお話を聞かせてもらっちゃいました。

中でも僕的に響いたお話が、

「六本木や銀座で20年とかビジネスやって、さんざん遊び尽くして、世界中の海もたくさん行ったけど、今は家族と過ごす時間が一番なんだよね。あと、なんだかんだ宮古島の海は世界最高峰だわ。」

と言っていて、かっこええ!!と思いましたね。

六本木や銀座でビジネスするのがダサいってわけじゃなくて、そういうあらゆる酸いも甘いも経てるからこそ言えるセリフだな−と。

これが言えるのって、かっこええよなぁと。

僕も、そんな経営者になっていきたいと改めて思いました。

 

完全紹介制レストランSUGALABOで有名な、世界的シェフの須賀洋介さん監修のお店が宮古島にもあるということで、ご紹介いただいてこちらも行ってきました。

レストラン M

こちららは、うーん未体験なお味…笑

沖縄の食材を活かしたモダンフレンチということで、たしかに他では味わったことのないような味わい、組み合わせなど、驚きの連続でした。

あとマリアージュのワイン、日本酒がとても美味しかったですね!

今回はここは佐々木さん(@sasakihidenobu)と男2人で行ったんですが、周りはみんな、おっさん+美女のカップルばかりでしたね。

港区かっ!!と、ツッコミを入れそうになりました。

やっぱりこういう高級レストランを利用するのはそういう客層が多いよなぁと。

あと、こういう場所だと女性+女性の組み合わせもけっこう見かけます。

女性経営者さんか、インフルエンサー、モデルさんなどでしょうか。

一番見かけないのが男同士ですね。笑

今回は、僕が先月誕生日だったということもあり、誕生日祝いということで佐々木さんにご馳走していただいちゃいました!ありがとうございました!

 

いやー良き体験でした。

 

動画もかるく撮ってみたので、雰囲気を味わいたい方はご覧になってみてください。

(宮古島〜石垣島 再生リスト)

 

昼も夜も海に潜りまくる

さて。

今回は、毎日ホテル巡りや贅沢を目的に来たわけじゃなく。

実は、今回の目的の1つは素潜り(スキンダイビング)でした。

↑こーゆーやつです。写真は僕。撮ってもらいました。

ボンベを背負わずに水着にマスクとフィンだけつけて潜るやつです。

 

宮古島にて、現役の漁師さんをご紹介いただいて、素潜り漁(モリ的なやつで突いて魚を捕る、捕ったどー!!的なやつ)に同行させてもらう形で毎日潜りに行ってきました。

 

宮古島にいた5日間で、合計10時間以上、海にいましたね。

完全にクレイジーです。

 

45分の体験シュノーケリングとか、体験ダイビングとか、アクティビティ的なお気楽なやつじゃなくて、部活の強化合宿みたいな感じです。笑

 

ときには、昼3時間入って、その後ホテルに戻って仮眠→夜中1時から2時間入るみたいな感じで。

夜中、完全なる闇の中、ライトを持って海に潜っていく体験はなかなかに怖くて、貴重な体験でしたね。

 

ふつうに、ビーチでもなんでもないところから海に入り、沖まで遠泳して。

その後、2〜3時間泳ぎながら、魚がいれば素潜り(スキンダイビング)するという感じ。

 

あくまで漁師さんの見学ができる体験ツアーなので、僕らが獲ったどーー!!をやることはないんですが、魚やイカを獲ってる姿を目の前でたくさん見ることができました。

 

これが、かなーり面白くて。

 

一緒に行ったビジネス仲間共々ハマりまして。

漁師さんの見学ツアー1週間分のスケジュールを押さえさせてもらい(笑)

仲間たちと代わる代わる毎日同行させてもらったのでした。

 

おかげさまで、日本に12人しかいないというダイビングのプロの一人を紹介してもらって、潜り方を教えてもらったりもしました。

 

というわけで、かなーり濃い体験ができたのです。

 

人脈を作るには太客になるのが一番

たぶん、普通の人だと、こういう旅行の仕方って、あまりしないと思うんですね。

せっかく沖縄に行ったなら、いろいろなアクティビティを体験しようとか、なるべく安くて良いホテルに長期滞在したいと思います。

 

なぜ、僕らがこういう旅行の仕方をするかというと、

 

  1. 希少体験を増やすため
  2. 人に語れるネタを作るため
  3. 人脈を増やすため

 

という考えだからです。

 

まず、経験値を増やすという意味では、色々なアクティビティとか体験したり、いろんなところ観光に行けばいいのでは?と思うかもですが

1つは、すでに体験済みというシンプルな理由。

 

それと、ジェットスキーだとか、ウェイクボードだとか、そいういうアクティビティ系って、やろうと思ったらどこでもできるんですよ。

それに、やったことがある人も多い=あまり語っても強みにならないネタなんですね。

 

でも、ガチの漁師に同行して素潜り体験は、なかなか経験がないと思います。

希少体験なんですね。

今回やらなかったら、次いつできるかわからない。

なので今回は、そういった宮古島の観光とか他のアクティビティは無視して、素潜りに全振りしました。

 

②の、人に語れるネタを作るという理由も①と似てるんですが、クレイジーな体験をするってことを、あえてやってます。

5日間ぶっ通しで海潜るとか。

 

こういうのって、お笑い芸人のネタ集めとかに近くて。

芸人さんて、すべらない話とかでやってるような面白い話のネタを四六時中探して生きてるんですよね。

 

「なんかオモロくならんかな〜」

「これやったらウケるかな?」

「これやるの嫌だけど、やったほうがオモロイよな?」

 

みたいな感覚で生きてる(人が多い)んですね。

 

つまり、常にオモロくなるようにアンテナを張って生きてます。

だから、オモロイことをキャッチできるし、自ら体験しに行ってるし、語れるネタが増える。

 

僕ら経営者も、それと同じ思考で「オモロイ」にアンテナを張って生きてるんですね。

ただし、僕らの場合はFunnyではなくInterestingのオモロイです。

(芸人さんの場合はたぶんFunny)

 

なので、素潜りぶっ通しでリピートしまくったら絶対オモロイやん!

という発想になったり、深夜の漁にもついて行っていいですか?というクレイジーな話になったりする。

 

あと、ホテルを毎日変えるとかも、明らかに非効率なんですが、これも語れるネタを増やすためですね。

シンプルに、いろいろなホテルのサービスの違いなども見れて勉強にもなります。

 

そして最後の③人脈を増やすためという理由ですが、これもかなーり大事。

人脈を増やしたい!と思ったら、まず、自分が太客になることが一番早いんですね。

 

多くの人はちょっと課金したら、また次は1年後〜とですが、そうではなく。

我々は1週間沖縄きたら、1週間毎日課金して潜りまくる。

というスタンスなわけです。笑

 

しかも、普通の体験ダイビングとかだったら、せいぜい30〜40分のところ、1回につき2〜3時間やる。

ここまで課金して短期でリピートしまくったら、ぜったいに覚えてくれるし「やべークレイジーな客だ」って覚えてくれるわけです。

 

これは、仲良くなりたい経営者さんとかがいた時に超使える技で。

 

ポイントは「短期で鬼リピ」です。

 

まずは、ちゃんと課金して自分が「太客」になること。

そうすると、特別扱いしてくれて、良い情報もどんどん回してもらえるようになります。

 

このマインドは僕の師匠に教わった行動指針なんですが、かなり効果を実感してます。

僕の師匠が人脈がケタ違いに多いのも、これをいつでも地でやるからなんですよね。

 

たとえば、仲良くなりたい経営者さんがバーをやってると聞きつけたら、毎日そのお店に通って高級シャンパンを開けまくったりする。

そうすると、店長が覚えてくれて→経営者さんに話しが行く。

こうなると、もう超太客なので邪険に扱えないですよね。

 

結果、

「お前、やるやん。良い金の使い方しとるな。」

「ちょっとオモロイな。話してみるか。」

 

と、なるわけです。

 

これ、ぜひ覚えておくと良い必殺技なのでメモ推奨です。

 

ポイントは、ちゃんと課金することです。

相手を得させる太客になる。

まずはギブする。

ビジネスの基本です。

そうしたら仲良くならざるを得ないわけです。

 

僕たちも、これだけリピートさせてもらったおかげで漁師さんと仲良くなることができて。

宮古島在住のプロダイバーさんを紹介してもらったり、宮古島で事業をやってる人など、紹介してもらうことができました。

また、次来た時も、現地の人とか繋げるねー!と言ってもらえたので、そうやってどんどん人脈が広がっていき、ますます希少な体験が増えるわけです。

 

僕たち経営者は、こういう考えでお金を希少体験や人脈、知識、情報に変えてます。

そこからまたビジネスのアイデアにつながったり、共同事業が生まれたり、という好循環が生まれているわけですね。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

必要性を感じないと欲求は生まれない

最後にもう一つ大事なお話をば。

 

宮古島に5日いて最終日前日に、漁師さんにご紹介いただいたプロダイバーさんに講習を受けて、はじめて正しい潜り方を教わりました。

 

え?フォーム変えるだけで、こんなに楽に潜れるのかー!!と驚き。

やはり、ちゃんとプロから学んでから初めないとなーと、改めて実感。

 

そんな僕らを見かねたダイバーさんに、

「先に私のところに来て学んでから漁に行けばよかったのにー」

と言われたけど、逆なのだ。

 

まず、何もわからない状態から何度も潜ってみたからこそ

「あ、ちゃんと潜り方を学ばないとこれ以上深くは行けない」

と気づき、

 

「もっと潜れるようになりたい!」

という欲求が生まれたんですね。

 

だから、素潜りをスキルアップしたい!となり、プロダイバーさんを紹介してもらったわけです。

 

人間は必要性を感じないと、欲求は生まれない。

 

これ、ほんとビジネスの基本だけど、みんなわかってないんだよなー…

と改めて思ったできごとでした。

 

ちなみに、この、先に必要性を感じさせることができればを欲求を起こせる=ビジネスチャンスになる!

という概念は、いろいろ使えて、観光業でも飲食店でも、ネットビジネスでも、購入動機を生み出す最強テクなのです。

 

どんな業界で、どんな風に使ったら欲求を生み出せるかな?

と、ぜひ考えてみてください。

(思いついたらぜひ僕にもLINE、メルマガで送ってください)

 

こうやって脳内でぐるぐる連想ゲームをするのが、ビジネス力をアップさせるコツだったりもします。

 

というわけで、非常に濃い学び&楽しい10日間の旅でした!

けっこう良いお話も盛り込めたので、ぜひ何度か読み直して、吸収してみてください^^

 

今回は、年間数千万〜億単位を自動で稼ぎ、すでに時間的、経済的自由を手にしてる経営者仲間で旅行に行ったわけですが。

やっぱり、こういう仲間たちと一緒だと、体験も学びもレバレッジがかかりますねー。

 

僕は、こうやって、良い感じでワーケーションできる仲間を増やしたいと思って、こういう発信をしてるというのもあります。

 

ぜひ、あなたもそんな仲間の1人になってもらえたら嬉しいです。

 

というわけで、今回はここまで。

ぜひ、感想もお待ちしています。

 

僕のLINEまたはメルマガに返信する形で、学んだことなどアウトプットしてみてください。

 

ではではー。

 

ゼロスタートからのコンテンツビジネス自動化講座やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

あっきー(保坂あきひろ)
フリーランス起業家。法人経営8年目。「パソコン1つで自由に生きる」をモットーにWEBマーケティング事業を行い、社員を雇わずたった1人で年間5000万以上の利益を稼ぎ続ける。

→崖っぷち30歳フリーターからの逆転物語をマンガ化してみました!

《コンテンツビジネス×自動化》を得意とし、現在は主にSNS×LINEを使った集客・マネタイズ・ファン作りのコツについて発信しています。

実績としては、ほったらかしの自動集客で月間300〜600万の利益を2年以上継続で生み出したり、メール1通で1撃1000万売り上げたことも。日本全国50店舗以上の飲食店の集客コンサル企画にて、売上前年度比150〜200%以上のお店を多数続出させた経験あり。コンサル生はビジネス開始半年以内に月収80〜200万達成者多数。