1万円で販売中の有料noteを無料プレゼント中>

【初心者向け】コンテンツビジネスはなぜ廃れないのか?圧倒的なメリットと仕組みを解説

どうも、あっきーです^^

初心者向けシリーズ第2弾です。

今回は、なぜコンテンツビジネスが
廃れないのか?

なぜ、時代が変わっても
ずーっと使える技術なのか?

ということについて解説します。

動画で観たい方はこちら↓↓
(9分で解説)

↑タップorクリックで拡大表示

ビジネスの基本構造

まず、そもそものお話として、
ビジネスの基本構造について
軽くお話します。

 

ビジネスには、

集客×教育×販売

という流れがあります。

(これは大事なので言葉ごと覚えましょう)

どんなビジネスでも
この流れになっています。

 

ビジネスで、教育?
と思われるかもしれないですね。

誰に?というと、それは
「見込み客」への教育のことです。

 

もう少し詳しく言うと、

  • 商品知識を認知させる
  • 見込み客を育成する
  • 信頼関係を作る

 

という過程になります。

これを、業界用語で教育(Education)
と言っています。

 

たとえば、アパレル店を例に
考えてみましょう。

店に入ってフラ〜っと見ていると

「それ、かわいいですよね!」
「新商品なんですよ〜」

とか

「こんな感じで合わせると
ステキですよ〜」

とか

「ここの素材が○○で〜」

とか

店員さんが話しかけて来たりしますよね。

これが、見込み客への「教育」です。

 

もしそこで、

(なんかこの店員さん良い感じ)

とか

(この人のセンス、好きだわ)

とか

(もう、いっそこの人に決めてもらお)

とか思ってもらえれば、
購入してくれる可能性が
高まりますよね。

 

もし教育をしないで
集客して即、販売という形だと、

お店に入ったら突然、
「これ買ってください!!」
と押し売りされるようなものです。

そんなやり方では、
まず何も売れないですよね^^;

だから教育という過程がないと、
商品は売れないんですね。

ビジネスにおいて「教育」は最重要項目

なんです。

 

ちなみに、これ、
上記のような例で考えると
誰でも理解できると思いますが

こんな押し売りまがいの
残念なビジネスのやり方を
してしまっている人は
ネットの世界だとよく見かけます。

はっきりいってそれは単純に
知識不足なんですよね…

そんなやり方では
一生うまくいかないのです…^^;

コンテンツビジネスの良いところ

さて、そんな
「集客×教育×販売」ですが、

コンテンツビジネスだと、
実はこれが非常にやりやすいのです。

 

ブログやSNS、YouTube、
メルマガ、LINEといった

様々なコンテンツを作って
いろんな角度から教育を
行うことができるからです。

しかも、一度作れば自動で。

 

見込み客が、

  • SNSで記事を見かける
  • ブログにたどり着く
  • YouTubeの動画を見て興味を持つ
  • メルマガやLINEで情報を受け取る

 

こういった仕掛けを
ネット上に上手く配置することで

集客→教育→販売のすべての過程を
高速でできて、かつ自動化できる

ようになります。

 

つまり、超優秀な営業マンを
何百人も雇うのと同じようなことを
ほぼコストをかけずに
できちゃうんですね。

これができるようになると、
マジでどんな業界でも
無双できちゃいます^^;

まさに、ネット時代が生み出した
チート技(裏技、バグ)と言えます。

なぜ普遍的なのか?

さらに、

コンテンツビジネスは
時代やトレンドが変わっても
廃れない技術と言えます。

つまり、ずっと使えます。

 

なぜかといえば、
コンテンツビジネスが、

普遍的な人間心理に基づいた
マーケティング手法だからです。

 

  • 人がモノやサービスを買う
  • 人が人を信頼する
  • 人が人やモノを好きになる

 

といった人間の心理は、
時代が変わっても変わりません。

人間の本質は、現代でも江戸時代でも
古代でも変わらないですからね^^;

ここに関しては、人種や文化も
ほとんど関係ないです。

 

じゃあ、もしツイッターやYouTubeが
なくなったらどうするの?

と思うかもしれないですが、
それでも問題はありません。

(そもそもツイッターやYouTubeがなくなることはしばらく考えづらいですが…)

 

たとえ、ツイッターがなくなっても
それに変わるSNSが生まれても

原理原則がわかっていれば
使うツールが変わるだけで
応用はいくらでも効きます。

たとえば情報の伝え方を考えても
時代によって、

(古代)口伝で伝える

(江戸時代)手紙で伝える

(現代)メールで伝える

というふうに進化してきましたが
使うツールは変わっても、
伝える中身は変わらないですよね。

それと同じことです。

 

最近も、クラブハウスという
新しいSNSができましたが

コンテンツビジネスを理解していれば
新しいツールでも使い方はわかるし
根本は同じなんですね。

 

そして、コンテンツビジネスは
今はまだ「使えると強い」ですが
今後は「使えないとやっていけない」
になっていきます。

業界によってはまだ参入が少ないので
コンテンツビジネスを活用するだけで
勝てたりしますが、

徐々にそれに気づく人や
企業が増えています。

ぜひ今のうちに学んでおくことを
おすすめします。

何から始めればいい?

コンテンツビジネスが
最強なのはわかった。

で、とりあえず、

何をすればいいんだー!?

という声がそろそろ
聞こえてきそうですね。

 

色々お伝えしていきたいことは
まだまだあるんですが、

とりあえず始めの一歩としては

ツイッターから始めるのを
おすすめします。

すぐに無料で始められて
140文字で手軽に発信できて

かつ、

うまく使いこなせば
ツイッターだけでも十分に
ビジネスが成り立つほど使えるからです。

 

そして、

ツイッターで情報発信になれてきたら
次にブログを立ち上げてみましょう。

これも、難しくはありません。
やり方も順番に説明していくので
ご安心を。

というわけで、

ツイッターのビジネス運用については
次の記事でご説明していきますね!

 

(続き→)【初心者向け】ツイッターをビジネス目的で始めてみよう!

 

 

追伸:

LINEメルマガやってます。

さらに詳しくコンテンツビジネスで
収益化する方法についてお話しているので
興味があればぜひ登録しておいてください。

↓ ↓ ↓

ゼロスタートからのコンテンツビジネス自動化講座やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

あっきー(保坂あきひろ)
あっきー(保坂あきひろ)
フリーランス起業家。法人経営8年目。「パソコン1つで自由に生きる」をモットーにWEBマーケティング事業を行い、社員を雇わずたった1人で年間5000万以上の利益を稼ぎ続ける。

→ボクの衝撃(笑撃!?)の人生をマンガ化してみました…

《コンテンツビジネス×自動化》を得意とし、現在は主にSNS×LINEを使った集客・マネタイズ・ファン作りのコツについて発信しています。

実績としては、ほったらかしの自動集客で月間300〜600万の利益を2年以上継続で生み出したり、メール1通で1撃1000万売り上げたことも。日本全国50店舗以上の飲食店の集客コンサル企画にて、売上前年度比150〜200%以上のお店を多数続出させた経験あり。コンサル生はビジネス開始半年以内に月収80〜200万達成者多数。