1万円で販売中の有料noteを無料プレゼント中>

【副業・起業】やってはいけないビジネスとやるべきビジネスとは?

どうも、あっきーです^^

 

今回は、今の時代において

  • やってはいけないビジネス
  • やるべきビジネス

についてお話します。

 

これ、やってしまってる人
非常に多いです^^;

 

せっかく自由を求めて
副業や起業をしたのに

本業一本の時よりも
かえって忙しくなってしまい

おまけに時給換算すると
アルバイト以下の稼ぎになってる…

なんて悲惨な状態の人も多いです。

(よく相談いただきます)

 

そうならないように今回のお話を
ぜひ理解しておいてください。

 

動画で見る場合はこちらからどうぞ

↓↓

動画で使っている資料のダウンロードはこちら

 

やってはいけないビジネスとは?

ズバリそれは…

労働力に依存したビジネス

です。

 

具体例を出すと

 

  • 動画編集
  • プログラミング
  • 転売ビジネス
  • ポイント活動
  • ブロガー
  • ユーチューバー
  • ティックトッカー

 

などですね。

正直、今流行ってる副業ビジネスの
ほとんどがこれに当たります。

 

なぜ、こういう労働に依存したビジネスは
あまりおすすめできないのかと言うと

1つは、

ライバルと競争し続けることになる
からです。

 

たとえばこんな話しがあります。

僕は登録者数9万人くらいの
あるYouTubeチャンネルの
プロデュースをしてまして。

動画編集者を外注で募集してるんですが
以前に募集をかけたところ

わずか24時間で募集が
100人も集まりました。

 

でも、100人ものエントリーシートを
見るのは時間がかかりすぎるので
実績の多い人だけちょこちょこっと見て
その中から3人だけ採用したんですね。

つまり、残りの97人は
仕事からあぶれたわけです。

 

これって、大企業の就職面接と
同じですよね。

なぜ未だに学歴で絞られるのかと言えば
シンプルに、全員の履歴書を見てる暇がない
からです^^;

とりあえず学歴で絞れば、最低限
努力をして受験勉強をクリアしてきた
人だけに絞れるからです。

 

それと同じで、残念ながら
労働力に依存したビジネスでは

すでに実績がある人、先発組が有利で
後発で稼いでいくのは難しいんですね。

(もちろん無理ではないですが)

一生ライバルと戦い続ける
ことになります。

安定が非常に難しいわけです。

価格競争も激しいです。

動画編集なんかも年々単価が下がっていて

最近では

「タダでもいいからやらせてください!」

みたいな人も多いです。

(そういった人たちは、おそらくコンビニのアルバイトよりも安い時給で頑張っていると思われます…)

 

あと、意外かもしれないですが、
ブロガーやユーチューバーも
不労収入を作るのは非常に難しいです。

ユーチューバーは、人気の人でも
世の中のサラリーマンよりも働いてますし

ブログは、一時的に自動化できても
放っておくとすぐに収益が下がります。

専門的なことを言うと、SEOと言いますが
検索上位してアクセス数を維持するには
ある程度、記事を更新し続ける必要があります。

さらに、Googleのアルゴリズムの
アップデートという仕様変更が
年に数回あり、非常に維持するのが
難しい状態です。

(僕のところにも、経験の長いブロガーさんやユーチューバーからよく相談があります)

 

また、プログラミングなんかも同じで
こういった技術は世界中が
ライバルになるんですね。

実際、僕はこれまでに様々なツールを
10個以上作っているんですが実は
ベトナムの会社で共同開発をしています。

なぜかというと、アジア諸国は今や
日本と大差ないくらいのIT技術を
持ってるんですね。

それでいて人件費は
日本の1/3とかです。

だから、僕はツール開発はすべて
海外でやってます。

 

デジタル技術は海を渡れてしまうので
これからは世界中すべてがライバルに
なります。

動画編集、プログラミングなども同じです。

技術だけでは食べていけない時代なのです。

 

おどすようなことを言って申し訳ないですが
これが現実です。

 

ただ、今あげたような労働依存型ビジネスも
はじめの1歩としては、もちろんアリです。

ただそれだけだと、いつまで立っても自由になれません。

ではどうしたらいいのか?

それは…

 

やるべきビジネスは?

コンテンツビジネスを学ぶことです。

今やるべきビジネスこそ
コンテンツビジネスです。

 

よく、ホリエモンこと
堀江貴文さんが提唱している

儲かるビジネス4原則
というのがあります。

それは

  • お金がかからない
  • 利益率が高い
  • 在庫を持たない
  • 継続収入が見込める

というものです。

 

これがまさにコンテンツビジネスです。

 

まず、はじめるのにほとんど
お金がかからない。

SNSもYouTubeも無料で使えるし
ブログもせいぜいサーバー代の
月1000円程度です。

つまり失敗してもほぼノーダメージ。
それでいてうまくいけば青天井に稼げる。

僕は1人で月収300〜600万を
数年継続して稼いでいますし。

中にはたった1人で月1000万以上
稼ぐ人だっています。

 

さらに、アフィリエイトという制度を使えば
売る商品を持ってなくてもできるので
すぐに収益化ができます。

中にはコンテンツビジネスを初めて
初月で100万以上収益化し
3ヶ月で合計500万以上を稼ぐ人もいます。

↓↓

コンテンツビジネスなら
こういったことも可能です。

 

さらに、コンテンツビジネスは
普遍的な知識・スキルなので
時代が変わってもずっと使えます。

また、どんな業種でも応用が可能です。

専門的な用語で言うと
「マーケティング」
ができるようになります。

 

マーケティングとは、

自在に狙った属性の人を集めたり
認知を広めたり、魅力を伝えたりする
スキルのことです。

僕はこれを使ってこれまでに

  • 日本全国50店舗以上の飲食店の
    コンサルをしたり
  • 催眠術師をプロデュースしたり
  • ウイスキーの専門サイトを立ち上げて
    収益化したり
  • エンタメ系YouTubeチャンネルを
    プロデュースしたり
  • ツールを開発して販売したり
  • 副業向けオンラインスクールをやったり
いろいろな分野でビジネスをしてきました。

これができるのは
マーケティングを学んだおかげです。

そのすべてにおいて
ンテンツビジネスを活用しています。

 

もし、僕がコンテンツビジネスを
学んでいなかったら

今の1/10も稼げていないと思います。

 

結論

というわけで。

もしこれから副業や起業を始める場合は
僕は声を大にして

コンテンツビジネスをおすすめします。

 

もし、すでに何かビジネスをやっていて
実績もある場合。

たとえば、すでに動画編集やプログラミング
転売ビジネスなどをやってる場合ですね。

その場合も、並行してコンテンツビジネスを
学ぶことをおすすめします。

 

そして、得た知識やスキルを
自動販売していきましょう。

それによって、マーケティングの
知識・スキルも習得していきましょう。

そうすれば、一生困らない知識とスキルを
得ることができます。

 

変化の早い今の時代において
真の安定とは、不安定に強くなることです。

これしかありません。

一生使える技術とか職業っていうのは
これからの時代ではほとんど
淘汰されていきます。

インターネットによって
世界中がライバルになったからです。

だからこそ、今の時代で唯一最強なのは、インターネットを支配する力です。

すなわち、インターネット・マーケティングです。

マーケティングは、人間心理に基づく
原理原則なので、時代が変わっても
流行が変わっても応用が効きます。

 

そんなコンテンツビジネス、
マーケティングをゼロから学べる
無料講座をやっています。

ご興味があれば、ぜひご覧になってみてください。

 

まずは気軽な気持ちで
情報収集がてらにどうぞ^^

↓↓

ネットを使って月収100万稼ぐ
自動化コンテンツビジネスの作り方講座

 

動画ではさらに詳しく解説しているので
よかったら合わせてご覧になってみてください。

動画で使っている資料のダウンロードはこちら

 

それでは、また!

ゼロスタートからのコンテンツビジネス自動化講座やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

あっきー(保坂あきひろ)
フリーランス起業家。法人経営8年目。「パソコン1つで自由に生きる」をモットーにWEBマーケティング事業を行い、社員を雇わずたった1人で年間5000万以上の利益を稼ぎ続ける。

→崖っぷち30歳フリーターからの逆転物語をマンガ化してみました!

《コンテンツビジネス×自動化》を得意とし、現在は主にSNS×LINEを使った集客・マネタイズ・ファン作りのコツについて発信しています。

実績としては、ほったらかしの自動集客で月間300〜600万の利益を2年以上継続で生み出したり、メール1通で1撃1000万売り上げたことも。日本全国50店舗以上の飲食店の集客コンサル企画にて、売上前年度比150〜200%以上のお店を多数続出させた経験あり。コンサル生はビジネス開始半年以内に月収80〜200万達成者多数。