1万円で販売中の有料noteを無料プレゼント中>

梨泰院クラスのパク・セロイから学ぶ、ビジネスで成功する人間7つの特徴

どうも、あっきーです^^

Netflixオリジナル韓流ドラマの
梨泰院クラス、観ました?

今更ながらドハマリしまして(笑)

めちゃくちゃ面白い&勉強になるんですよねー。

この作品、すべてのビジネスパーソンに
勇気を与えてくれます。

おすすめなので、ぜひ観てほしいです!

 

梨泰院クラスは本当に
イケてるキャラクターが多くて
いろいろ語りたいのですが…

今日はその中でも主人公の

「パク・セロイ」に学ぶ
ビジネスで成功する人間7つの特徴

という視点で解説をしてみたいと思います!

 

いやーカッコいいんですわ。

パクセロイ。

初めて観た時は

どーした!?

って感じの髪型なんですが↓笑

どういうわけか、これが回を重ねるごとに
どんどんかっこよく見えてくるんですよ。笑

 

そんなわけで話していきます!

梨泰院クラスのあらすじ

まず、大まかなあらすじと作品情報から。

※以下、多少のネタバレ含みます

ただ、肝心な部分や結末は書きませんので
ご安心を。

 

梨泰院(イテウォン)は
韓国の首都ソウルの中心部の地名です。

日本で言えば、まあ六本木みたいな感じ。

クラブや飲食店が集まってて
比較的裕福な20〜30代が集まる
イケてる街って感じです。

そんな梨泰院で飲食店を営む
若者たちのサクセスストーリー
&復讐劇になります。

↑パク・セロイと店の仲間たち

 

チャンガという居酒屋チェーンの
最大手グループの会長がラスボスなんですが

これがまた良いキャラなんですよ。

金のためには汚いこともいとわない!
って感じの、いかにも悪役キャラで。

しかし同時に、

屋台の店から始めて一代で業界最大手の
グループを築いた、超やり手の
尊敬すべき経営者でもあるのです。

↑チャンガ会長(真ん中)と主要メンバーたち

 

物語の序盤、ある事件が起こり
チャンガの会長の息子が原因で
主人公のパク・セロイは父親を亡くします。

しかし、チャンガの会長は金と権力を使って
その事件を隠蔽しました。

会長の息子の罪はもみ消され、代わりに
パク・セロイは刑務所に入ることになります。

 

これがきっかけでパク・セロイは
チャンガに復習を誓います。

そうして、

宿敵チャンガと対立しながらも
仲間たちと共に成長し
伸し上がっていくストーリーが
熱く描かれていきます。

 

パク・セロイから学ぶビジネスで成功する人間7つの特徴

そんなパク・セロイですが
ビジネスで成功する人間の特徴を
めちゃめちゃ兼ね備えています。

今回はこれを分析していきたいと思います。

 

先人から学び、基本を守る

おごることなく先人から学び
基本を守る姿勢が描かれます。

自己流に走らず、我を突き通さず
上手くいってる先人のマネから入る。

そして、商売の基本を忠実に守っていく。

これはどんなビジネスでも大事なことです。

↑経営の勉強になる部分も多いです。

 

スゴイと思ったら敵からも学ぶ

パク・セロイは、親の仇であるにくき敵
チャンガ会長の自伝本からも積極的に学びます。

目標を達成するためには
好き嫌いなどの感情にとらわれず
素直に学ぶことができる。

良いと思ったことは敵からでも学び
取り入れる。

これは、ビジネスで成功するために
めちゃくちゃ大事な姿勢になります。

多くの人間は感情を優先してしまいます。

しかし、本当に成功したければ
感情に支配されてはいけないんですね。

↑長家(チャンガ)のせいで
刑務所に入れられたにも関わらず
牢の中で、その会長の自伝を読んで学ぶ素直さ。

なかなかマネできるものではないですよね。

 

淡々と努力を重ねる

パク・セロイは最初のお店を出す前に
ある事件がきっかけで3年間刑務所に
入れられてしまいます。

前科者のためロクな仕事につけなくなり
命の危険もある厳しい漁船で7年間働き
2億5000万ウォンを貯めて開業をします。
(日本円で約2500万)

目標のために7年もの間、淡々と
厳しい肉体労働に耐えつつ
飲食店経営を勉強してきました。

なかなかできることではないですよね。

こういった努力を積み重ねられる人も
成功できる人の特徴です。

↑ついにチャンガの会長も認めた
パク・セロイの芯の強さ。

 

自分を信じない、人を信じる

パク・セロイは、独裁主義のチャンガ会長
とは対象的に、自分よりも周りの意見を
取り入れようとします。

自分が知らない分野、詳しくない分野は
人の意見を素直に取り入れて実行していきます。

そんな柔軟な性格の持ち主なので
自分よりも10歳も若い20歳の女の子
「イソ」をお店のマネージャーに就任させます。

この選択が功を奏し、パク・セロイの店は
どんどん急成長を遂げていくことになります。

(後に、実はイソはIQ162の天才で、パワーブロガーで、フォロワー70万人超えのインフルエンサーというチートキャラだったという、イケてる設定!笑)

↑自分は諸葛孔明だ!と言い切る
若干20歳の女の子「イソ」。
また彼女が良いキャラなんですよねー。

 

パク・セロイは、どんなに周りに
「あいつはクビにしろ!」
と言われても誰よりも従業員を信じます。

パク・セロイは、ワンピースのルフィ
みたいな王道の主人公キャラなんですよね。

そんなパク・セロイに感銘を受けて
従業員たちも何倍も努力を重ねて
成長していくようになります。

こういう決断のできる経営者って
現実世界では、なかなかいないもんです。

↑お店の唯一の弱点が料理の味だと指摘され
料理担当のヒョニはクビを覚悟する。

↑しかしパク・セロイは辞めさせるどころか
給料を2倍入れたと言う。

↑ザ・男気!!

これは胸アツだったなー。
こんなカッコいい経営者になりたい。

↑それを聞いて、こいつ正気か!?
というような表情のイソ。笑

 

信念を曲げない

そんな自分よりも周りの意見を取り入れる
パク・セロイですが、ここは折れない!
という信念の部分だけは
誰に何を言われても絶対に折れません。

柔軟性と頑固さを兼ね備えているんですね。

 

チャンガ会長からさんざん嫌がらせをされ
お店が潰されかけたときも

「土下座をして謝ればすべて水に流すし
今後一切、邪魔をしない」

と言われても絶対に謝りません。

曲がったことが嫌いな性格の彼は
絶対に自分が間違ったことをしていないと
信じているので、どんなに不利な
状況に立たされても諦めません。

こうした姿を従業員たちに見せることで
彼についていきたい!と思わせるのですね。

↑こういうセリフを従業員たちに
恥ずかしげもなく言うパク・セロイ。

惚れてまうやろー。

 

大きな目標を掲げる

まだ小さなお店1店舗の時代から

「目標はフランチャイズ展開をして
韓国トップの外食企業になること」

と、恥ずかしげもなく言い切ります。

これが従業員たちを鼓舞させ
団結力を生んでいきます。

ワンピースのルフィが
まだ小さな船で仲間も数人の時代から
「海賊王におれはなる!!」と言っていたのと同じですね。

↑従業員が一致団結して火がつくシーン。

いやーこういうの良いっすわー。

胸アツすぎる。

 

大勝負に出る勇気

ネタバレになるので言えないのですが

パク・セロイは冷静に大局を俯瞰し
投資によって大勝負に出て
一気に資金を増やすことに成功します。

ここぞ!というタイミングを見逃さず
周りの度肝を抜くような
大きな勝負ができる勇気も

成功するビジネスパーソンに必要な
器の1つと言えるでしょう。

↑最初は相手にもしていなかった会長が
だんだんとパク・セロイを強敵と見なしていく。

これが見どころの1つでもあります。

1億稼ぐまではすごく大変だった
しかし、1億を数十億にするのは簡単だった。

これ、資本主義経済の本質を捉えてますね。

そういうことなんですよね。

稼げば稼ぐほど、お金を使って
お金を生み出すことができるようになるので
簡単に増やすことができるようになります。

本格派ビジネスドラマのイチ面も覗かせます。

カッコいい!!

しかしチャンガの会長も負けていません。

↑いや〜しびれますね!

会長は、敵ながらカッコ良くも
あるんですよ。

果たして戦いの行方やいかに!?

ぜひともドラマで見届けてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネタバレになるのであまり
詳しく話せないのがもどかしいのですが…苦笑

パク・セロイは本当に王道の
主人公キャラって感じで。

とにかく男気がヤバいです。

パク・セロイ以外にも
成長していく従業員たちの
胸アツなシーンも多いですし
カッコいいセリフもたくさん飛び出します。

 

あと、ストーリー構成も非常に上手くて。

1話目から興味づけ、次回への引きの
巧妙さがヤバいです。

1話観たら、もう沼にハマって
脱出は困難です。

そうなるための仕掛けが
随所にあるんですよね。

 

ストーリーの部分で言えば
一番見て欲しいのは物語の「多重構造」です。

漫画ワンピースがわかりやすいのですが
色々なキャラクターが出てきて

そのキャラクターごとのエピソードを
深堀りしていろんなキャラの物語が
複雑に絡まりつつ

「ルフィを海賊王にする」
という1つの大きな目的に沿って
ストーリーが流れていく構造のことです。

 

梨泰院クラスも多重構造性があって。

それぞれのキャラクターたちの
エピソードが細かく描かれていて

それによって、色んな人間の
悩みや苦しみ、辛さなどが描かれていて。

それが、あらゆる人に刺さるように
色んな共感ポイントを生み出してるんですよね。

 

だから、人によって好きなキャラや
シーンが違ったりすると思います。

あらゆる年代、あらゆる状況下にいる人が
感情移入できるように設計されていて
本当にシナリオが絶妙なんですよ。

 

そんなわけで。

すごく学びが多いドラマなので
ぜひぜひ一度観てみてほしい作品の1つですね!

 

おれも私も観たよー!

って人はぜひメッセージいただけると嬉しいです。

ぜひ、梨泰院クラス談義しましょう!笑

 

ではではまたー。

ゼロスタートからのコンテンツビジネス自動化講座やってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

あっきー(保坂あきひろ)
フリーランス起業家。法人経営8年目。「パソコン1つで自由に生きる」をモットーにWEBマーケティング事業を行い、社員を雇わずたった1人で年間5000万以上の利益を稼ぎ続ける。

→崖っぷち30歳フリーターからの逆転物語をマンガ化してみました!

《コンテンツビジネス×自動化》を得意とし、現在は主にSNS×LINEを使った集客・マネタイズ・ファン作りのコツについて発信しています。

実績としては、ほったらかしの自動集客で月間300〜600万の利益を2年以上継続で生み出したり、メール1通で1撃1000万売り上げたことも。日本全国50店舗以上の飲食店の集客コンサル企画にて、売上前年度比150〜200%以上のお店を多数続出させた経験あり。コンサル生はビジネス開始半年以内に月収80〜200万達成者多数。